このページは目の不自由な方のためのスマホ・タブレット教室の紹介ページです。本文はこちらから。


目の不自由な方のためのスマホ・タブレット教室(2017年8月開講)

※ 平成29年度 青梅市の市民協働事業に採択されました。

これまで目の不自由な方でも音声読み上げの機能を使ってパソコンを活用してきました。

音声読み上げ、音声認識等の技術の進歩に伴い、スマホ、タブレットも目の不自由な方に活用できる環境が整ってきました。

スマホ、タブレットが利用できることで、目の不自由な方にとって移動中、移動先での利用が容易になるという利点があります。

また震災時における緊急通信手段を確保するためにも必要なアイテムにもなっています。

スマホ、タブレットの多彩なユーザインタフェース、センサー、補助アプリを活用することでパソコン以上に使いやすいものになります。


教室の内容

 iPhoneやiPadのVoiceOver機能(iPhoneやiPadの画面を音声で読み上げる標準機能)を使用してiPhoneやiPadの操作を学習します。

 8ケ月の間、連続して受講していただく方が対象となります。

 この8ケ月の間、自宅学習のため、ネットワーク機能付きでiPhoneやiPadを貸し出します。

 ネットワーク利用料金として月当たり1000円程度を負担して頂く予定です。

 ※なお、第1期分(2017年8月から2018年3月)の教育の立ち上げについては、青梅市の協働事業として採用されました。
 ネットワーク利用料金は青梅市から助成されることになりましたので、第1期分についてはすべて無料となります。

 5名程度募集予定です。

 以下は主な学習項目です。

  1. iPhoneやiPadの機器の紹介
  2. iPhoneやiPadでできることの紹介
  3. iPhoneやiPadの基本操作
  4. キーボード入力の方法
  5. 音声入力の方法
  6. 入力データの編集の方法
  7. 編集支援アプリ「編集くんエディ」の使い方
  8. メールの作成と送受信
  9. インターネット(ウェブページ読上げ)
  10. 連絡帳の編集方法
  11. 電話アプリの使い方
  12. LINE(無料通話)の使い方
  13. メモアプリの使い方
  14. 乗り換え案内アプリの使い方
  15. 目の不自由な方のための各種サポートアプリの使い方

*参加者には、それぞれサポーターが付きます。安心してゆっくりiPhoneやiPadの操作ができます。

学習用マニュアル

 学習に使用するマニュアルです。

  1. 視覚しょうがい者スマホ学習マニュアル 1.概要編
  2. 視覚しょうがい者スマホ学習マニュアル 2.詳細編
  3. 視覚しょうがい者スマホ学習マニュアル 3.個別アプリ利用編
  4. 編集くんエディマニュアル

対象者


開催日程

*第1期の場合は、8月12日から翌年3月31日まで、毎月第2土曜日と最終土曜日の2日間実施予定です。
 いずれも午前10時から12時まで。


申し込み・問い合わせ先

パソコンボランティア青梅 井上
電話 090-8776-0387


*第1期分(2017年8月から2018年3月)の募集は終了しました。
 第2期分(2018年4月以降)の募集は準備中です。


開催場所

青梅市福祉センター2F 集会室
 事務局連絡先 電話:0428-23-7163、ファクス:0428-23-7165
  <最寄り駅>JR青梅線 東青梅駅から市役所方面へ徒歩5分